WEB集客のコツ|起業家の情報発信ビジネスにおけるブログの役割とは?

この記事では起業家さんのよくある悩みを解決していきます。

この記事で解決できる悩み
  • そもそも情報発信ビジネスとは何か?
  • ブログ集客は正しい選択なのか?
  • ブログ集客で最も重要な「本質」とは?

起業家さんにとって情報発信は必須です。

なぜなら、見込み客を集めるためには、まずは自分を知ってもらうことからはじめなくちゃいけないからです。

ここでいう情報発信とは、「インターネットサービスを通じて見込み客を集める方法」です。

たとえば、ブログ、ツイッター、インスタ、ユーチューブ、フェイスブック、LINEなどは、今や多くの人が利用しているインターネットサービスですね。

しかしながら、今は選択肢が多すぎて何から手を付けていいか分からない起業家さんが多いです。

そこで今回は、情報発信ビジネスにおける最も重要な「ブログの役割」について解説します。

目次

そもそも情報発信ビジネスとは何か?

情報発信ビジネスとは、あなたが持っている情報をコンテンツ化し、販売して稼ぐビジネスモデルです。

コンテンツ化とは「形式にまとめること」です。

<コンテンツ例>

・PDF文章

・音声ファイル

・動画ファイル

・セミナー、塾

・通話相談

・コンサル

・オンラインサロン

インターネットの力を使って情報発信すればあなたの言葉が多くの人に届きます。

その情報の内容に価値を感じれば、ファンになってくれます。

そして、そのファンにあなたの商品を紹介すれば、購入して頂けるということですね!

情報発信ビジネスの流れ
STEP
情報をコンテンツ化
STEP
情報発信して認知・ファン化
STEP
ファンに商品を販売

自分にしか語れない経験や体験などもコンテンツ化して販売できるので、情報発信ビジネスは誰でもできます!

情報発信ビジネスにおけるブログの役割とは?

情報発信において、なぜブログが最も重要なのかと言うと、自分のビジネスや商品に対する考え方をしっかり伝えることができるからです。

ブログ

文字数制限なし。自分の考えや価値観をしっかり伝えられる。カテゴリーで情報を体系化できる。

インスタ、ツイッター

文字数(枚数)制限あり。どんどん情報が流れる。

ユーチューブ、ティックトック

エンタメ色が強く、映像なので記憶に残りにくい。

ゆえにブログは、書き手と読み手の1対1の対話の雰囲気を出しやすいです。

つまり、情報発信ビジネスにおけるブログの役割とは、相手と対話する場所であり、互いに信頼関係を築くための場所なのです。

もちろんSNSも有効な集客手段ですが、最終的にはブログに誘導するべきです。

情報発信ビジネスは、信頼関係を構築することが何より大切です。

だから、あなたが情報発信ビジネスをしたい場合は、ブログは欠かせません。

ただし、情報発信する場合は意識して欲しいことがあります。

それが「ブランディング」です。

情報発信ビジネスはブランディング戦略が重要

「ブランディング」とはビジネス戦略のことです。

相手に「自分のことをこう思って欲しい」というイメージを共有してもらうために行います。

いくつか例を出しますね。

ブランディング戦略①:ルイ・ヴィトンの場合

たとえば、ルイ・ヴィトンは高級ブランドの代表格です。

ファンが購入する理由はデザインや性能が優れているのはもちろんですが、「他人からの優越感」や「自己の承認欲求」が人間の心理としてあります。

高価格帯にすることで限られた人にしか手にできない商品であることを世の中に広く認知させることで、ルイ・ヴィトンはうまく自社のブランディングを演出しているんですね。

ブランディング戦略②:吉野家の場合

一方、吉野家の牛丼は「うまい、はやい、やすい」でブランディングしています。

あなたも「今日はお金持ってないし、チャチャッと済ませたいな」と思った時、ふと「吉牛」の言葉が頭の中に浮かんだことないですか?

「こういう場合は、コレ!」って自然と想われるのが上手なブランディング戦略なんです。

ブランディング戦略③:スターバックスの場合

スターバックスの店内は、おしゃれなBGMに、ホテルのラウンジのようなソファー、店内に漂うコーヒーの香りも相まって従来のカフェとは一線を画した心地の良い空間を演出しています。

これは有名な話ですが、実はスタバはコーヒーを売っていません。

「ゆったり自分の世界に浸りたいから」

「一人で集中して仕事をしたいから」

つまり、売っているものは、その人にとって「3つ目の場所」なのです。

これも顧客の心理をとらえたブランディング戦略ですね。

スタバのようにあなたのビジネスも、本来の意味をずらしたり、新しい価値と組み合わせたりすると、競合他社と差別化を図ることができますよ。

つまり、ブランディングとは「あなただから買いたい!」「コレと言えばあなただよね!」と相手から想われるような差別化を演出することです。

この考え方は情報発信ビジネスをするなら必須です。

なぜならさきほどもお伝えしたように、上手くブランディングしなければ、たとえ価値のある情報を発信しても「あ、どこかでみたやつだな」で終わるからです。

これはもったいないですよね!

なので、あなたも「自分のブランディング」を常に意識してみてくださいね。

(ブランディングの作り方については、またいずれお伝えします!)

ブログ集客 ✕ 自己ブランディングを目指そう!

情報発信している個人起業家さんでブログに挑戦する人は多くなりました。

ICTによるインクルージョンの実現に関する 調査研究
2018 年 3 月 総務省 情報流通行政局 情報通信政策課 情報通信経済室 より

これは総務省のソーシャルメディアにおけるユーザー割合の統計結果ですが、日本の総人口1億2千万に対するブログ人口は軽く見積もっても500万人(日本総人口✕4.6%)です。(多いですね!)

一方、アフィリエイトを主とするブロガーさんも増えてきましたが、彼らの言っている「ブログ論」は決まってコレです。

「文章はとにかく簡潔にしよう」
自分を出すと稼げません」

ブログで稼ぐためには、相手に「情報だけ伝える」ことが最優先だということですね。

実は、情報発信ビジネスをしている起業家さんの多くは”ブログ”の使い方を勘違いしています。

アフィリエイトのブログならまだ理解できますが、あなたが「情報発信ビジネスのブログ」でこの考えを鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、そこには「あなたのブランド」が1ミリも感じられないからですね。

無味無臭の文章なんて、残念ながら誰からも興味は持たれないですよね?

たとえ、そこそこ実績があってもです。

もはやどの人も実績がありすぎて最近では見飽きてませんか?

「あー、最近この手のブログよく見るよね」で終わります。

そういうことです(*´ω`)

起業家さんが情報発信ビジネスでブログに取り組むことは有効です。

ですが、絶対に意識しなければいけないことがあります。

それは「文章は”情報”ではなく、あなたの”人柄”を伝えるためにあること」です。

これから文章を書く時は、これを意識してみてください。

そうすれば、あなたのファンになってくれる読者は絶対に現れます。

繰り返しますが、情報発信ビジネスのブログで重要なことは、相手に「どんな情報を分かってもらうか」ではなく「どんな感情を持ってもらうか」です。(大事なので何度でも言います)

情報発信ビジネス系のブログでは、画面の向こうで対話している1人のためだけに書くといいですよ。

それが、結局は自分のブランディングにつながるのです。

もっと集客ブログを掘り下げた概念については、情報発信ビジネス|T字論とは?集客ブログは縦軸横軸を意識すればファンが増えるで解説しています。

ではでは、今回は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

ケント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ケント

・女性限定ライティングサロン「Site New Tourism」運営/女性ライター約100名所属
・18ブログ運営中
・累計ページビュー数230万PV/年
・累計ページ別訪問者数183万人/年
・グーグル1位記事 226記事
・10位以内記事 1789記事

現在、海外在住で3人の子育て主夫です。

女性ライターが息長く活躍できるビジネスモデルを作りたくて活動しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる